法学教員・研究者の養成に興味をもたれたら、京都大学大学院法学研究科へ

新着情報

トピックス

事業の内容 特定研究学生 教育課程 お知らせ

このサイトについて

京都大学構内写真

京都大学大学院法学研究科は、高度職業専門人の養成と専門教育機能充実のため、 平成23年度より、「法科大学院制度下における実定法学後継者(法科大学院教員)養成のための全国的拠点の形成」プロジェクトを実施しています。
このプロジェクトは、実定法学の教育研究者となるだけの十分な意欲と能力を持つ法科大学院修了者に対して研究に専念できる環境を提供すると同時に、 博士後期課程の教育内容を練り直し、博士論文完成に至る強力な支援策に基づいた道筋を明示することにより、 博士後期課程進学者数の増大を実現し、法科大学院を経由して実定法学の教育研究者を養成する道筋の実現可能性を検証しようとするものです。
そのため本研究科では、法務博士(専門職)の学位を有する博士後期課程学生が、法学の分野における特定の課題について研究することを促進し、 法学の分野における研究者の養成に資することを目的として、特定研究学生を募集します。

このウェブサイトは、このプロジェクトの概要と実施状況をお知らせするものです。



PAGE TOP